宇久家盛(読み)うく いえもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇久家盛 うく-いえもり

?-? 平安後期-鎌倉時代の武将。
肥前福江(長崎県)の宇久五島氏の始祖。松浦(まつら)党に属する人物とみられる。伝説では文治(ぶんじ)3年(1187)肥前宇久島(長崎県)にきた平清盛の弟家盛という。文治2年来島して城をきずいた源義光の子孫武田信弘とする説もある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇久家盛の言及

【宇久氏】より

…その出自については諸説があるが,いずれも確証はない。始祖とされている宇久家盛は平忠盛の子で,1187年(文治3)に宇久島に下向土着したものとされている。家盛は1233年(天福1)に女子源氏に宇久島内屋敷田畠等を譲ったことが知られる。…

※「宇久家盛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android