コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐美祐茂 うさみ すけもち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇佐美祐茂 うさみ-すけもち

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
工藤祐経(すけつね)の弟。伊豆(いず)田方郡(静岡県)宇佐美荘を本領とする宇佐美氏の祖。治承(じしょう)4年(1180)の源頼朝挙兵からしたがい,奥州攻めや,京都入りにもくわわった。通称は三郎。名は助茂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宇佐美祐茂

生年:生没年不詳
鎌倉初期の武士。伊豆国宇佐美の住人。助茂とも書き,三郎と称す。父は工藤祐継。兄は工藤祐経。源頼朝の挙兵(1180)に参陣,その後,文治5(1189)年の奥州合戦に参戦し,翌年の頼朝の上洛にも随行した。

(飯沼賢司)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宇佐美祐茂の関連キーワード生年