コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇佐美氏 うさみうじ

世界大百科事典 第2版の解説

うさみうじ【宇佐美氏】

伊豆国田方郡宇佐美荘を本領とする中世の武家。伊豆の雄族工藤氏の一族で祐茂(助茂)が宇佐美に住して宇佐美三郎を称したのに始まる。もともとこの宇佐美荘は伊東荘,河津荘とあわせて久須美荘と呼ばれ,工藤大夫を称した祐隆の領有するところであった。後継者にめぐまれなかった祐隆は,後妻の娘(連れ子)との間に生まれた子を養子として祐継と名のらせ伊東,宇佐美を与え,嫡孫の祐親に河津を与えたため,久須美荘は分領されることになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇佐美氏の関連キーワード宇佐美祐茂佐竹隆義琵琶島城

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android