宇和島牛鬼張り子(読み)うわじまうしおにはりこ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宇和島牛鬼張り子[祭礼・和楽器]
うわじまうしおにはりこ

四国地方、愛媛県の地域ブランド。
宇和島市で製作されている。主に南予地方に分布する。江戸時代頃の祭礼練り(悪魔払い)が起源とされる。現在は、祭礼の呼び物や魔除けとして一般家庭にも広く普及。良質の泉貨紙を使用。ひげには馬の毛が使われる。すべて手作業でつくられている。愛媛県伝統的特産品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android