コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇喜多秀家・浮田秀家 うきたひでいえ

大辞林 第三版の解説

うきたひでいえ【宇喜多秀家・浮田秀家】

〔姓は「浮田」とも〕 (1573~1655) 安土桃山時代の武将。直家なおいえの子。岡山領主。豊臣秀吉の五大老に列し、朝鮮出兵では軍監を務めた。関ヶ原の戦いで敗れ1606年八丈島に配流、在島四九年ののち死去。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宇喜多秀家・浮田秀家の関連キーワード安土桃山時代朝鮮出兵豊臣秀吉軍監配流

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android