コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇宙磁場 うちゅうじば

百科事典マイペディアの解説

宇宙磁場【うちゅうじば】

宇宙全体を一様につらぬいている磁場,および銀河間空間に不規則に分布している磁場の総称。前者は約10(-/)9ガウス,後者もほぼ10(-/)9ガウスほどの強さと推定されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うちゅうじば【宇宙磁場 intergalactic magnetic field】

宇宙全体をつらぬく一様な磁場と,銀河間空間に不規則に分布する磁場の総称。クエーサーや電波銀河など銀河系外電波源が発する直線偏波した電波のファラデー回転現象を観測することによってその存在と性質を推定することができる。ファラデー回転量は,(磁場の視線成分)×(銀河間空間の電子密度)×(電波源までの距離)×(波長)2に比例する。赤方偏位などから距離の知られている数百個の電波源について数波長で電波の偏波角を測定し,統計的な処理によって磁場の構造がわかる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報