コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇文愷 うぶんがいYǔ wén Kǎi

世界大百科事典 第2版の解説

うぶんがい【宇文愷 Yǔ wén Kǎi】

555‐612
中国,隋代,朔方(さくほう)(陝西省横山県西)の人。字は安楽。建築,土木を主とする高級官僚技術者。文帝のもとで新都大興(唐の長安前身)の都市計画を主導し,渭水と黄河を結ぶ広済渠の開削,仁寿宮の建設を総督。煬帝(ようだい)のもとで東都(唐の洛陽の前身)の建設を主導し,将作大匠から工部尚書となった。また長城の修築,高句麗征伐の浮橋の架設,輿服の制定,漏刻(水時計)の設計も担当した。大興の都市計画は東西対称の条里を配し,宮殿,皇城を中央最北に置く斬新な創案であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宇文愷の関連キーワード視感度曲線キャクサレス大谷秀芳粕谷佳五坂田鉄平白井圭太河西りえ島田勝弘千葉誠樹新井律男

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android