コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇文愷 うぶんがい Yǔ wén Kǎi

1件 の用語解説(宇文愷の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うぶんがい【宇文愷 Yǔ wén Kǎi】

555‐612
中国,隋代,朔方(さくほう)(陝西省横山県西)の人。字は安楽。建築,土木を主とする高級官僚技術者。文帝のもとで新都大興(唐の長安の前身)の都市計画を主導し,渭水と黄河を結ぶ広済渠の開削,仁寿宮の建設を総督。煬帝(ようだい)のもとで東都(唐の洛陽の前身)の建設を主導し,将作大匠から工部尚書となった。また長城の修築,高句麗征伐の浮橋の架設,輿服の制定,漏刻(水時計)の設計も担当した。大興の都市計画は東西対称の条里を配し,宮殿,皇城を中央最北に置く斬新な創案であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇文愷の関連キーワード冊封昨報朔方冊封使朔北宿報小倉竹苞薄削法 (thinning)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone