コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漏刻 ろうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漏刻
ろうこく

中国伝来の水時計。水を器にたくわえ,その洩の水量を測定して時刻の推移を知るもの。1昼夜 48に分け,4刻を1時 (とき。辰刻) にはかる。日本の漏刻は,斉明6 (660) 年中大兄皇子が製作したという所伝が初見。令制では陰陽寮に2人の漏刻博士があり,漏刻によって時刻をはかり,守辰丁 (しゅしんてい,ときもり。 20人) に鐘鼓を打たせて時を報じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ろう‐こく【漏刻/漏×剋】

昔の水時計の一。いくつかの木箱を階段状に置き、管によって水を順に下の箱に送り込み、最下方の箱に矢を立ててその浮沈により時刻を計った。また、その矢に刻んである目盛り。
時間。時刻。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

漏刻【ろうこく】

中国で発明・使用された水時計。管でつながった四つまたは三つを階段上に並べ,いちばん上の箱に水を満たし,順に流下して最後の箱から流出する水を,を浮かべた容器に受け,矢の高さから時刻を知る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうこく【漏刻 lòu kè】

中国で用いられた水時計のこと。漏は計時用の漏壺を指し,刻は時間の単位(1日は100刻が標準であるが,120刻,96刻,108刻とした時期があった)を意味する。時刻を目盛った浮箭(ふせん)を浮かべ,水位の変化によって時刻を測った。漏壺は排水型と受水型に大別される。《周礼(しゆらい)》に漏刻の官の挈壺氏が見え,春秋時代までに広く普及していたとされるが,遺物としては前漢の前100年ころの漏刻が3点発見されており,いずれも排水型の単壺である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漏刻
ろうこく

水時計の意。日本では斉明(さいめい)天皇6年(660)5月、中大兄皇子(なかのおおえのおうじ)(後の天智(てんじ)天皇)が初めて漏刻をつくって時を知らせ、天智天皇10年(671)4月25日(現行暦の6月10日にあたる)、漏刻を新天文台に据え、鐘や鼓(つづみ)で時を報じたと『日本書紀』に記されている。おそらく中国のものを手本にしたと考えられるが、2~4段の木箱を置き、いちばん上部の木箱に水を満たし、管によって順々に水を下段の箱に送り込む。最後の水槽に目盛り付きの浮き子があって、その浮き沈みで時刻を知ったと推定されている。天智天皇を祀(まつ)る近江(おうみ)神宮では毎年6月10日、時の記念日に漏刻祭が行われる。なお、1981年(昭和56)9月から12月にかけて奈良国立文化財研究所(現、奈良文化財研究所)が行った飛鳥水落(あすかみずおち)遺跡の発掘調査によって、この遺跡が660年、日本で初めてつくられた漏刻の遺跡である可能性がきわめて強くなっている。[元持邦之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の漏刻の言及

【宇文愷】より

…煬帝(ようだい)のもとで東都(唐の洛陽の前身)の建設を主導し,将作大匠から工部尚書となった。また長城の修築,高句麗征伐の浮橋の架設,輿服の制定,漏刻(水時計)の設計も担当した。大興の都市計画は東西対称の条里を配し,宮殿,皇城を中央最北に置く斬新な創案であった。…

【時刻】より

…日の影を測った八尺の表とか晷儀(きぎ)(ノーモン)があったが,おもな用法は冬至,夏至の時刻を知って1年の長さを決定するために使用されたようである。時刻あるいは時間はすべて漏刻(ろうこく)(水時計)によって測られた。漢の時代から精密な暦法があったことが知られているので,使用にたえる漏刻も西暦紀元前後にはあったと考えてよい。…

【天文学】より

…また若干の星座をみて季節の推移を知ることもできた。時間の測定には主として水を利用した〈漏刻〉が使用されたが,それがいつの時代に始まるかはわかっていない。古い時代には日食や月食がよく注意されたが,これらは当時の支配者にとって凶兆と考えられたからである。…

※「漏刻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漏刻の関連キーワード近江神宮時計館宝物館漏剋博士・漏尅博士時の記念日時の刻み近江神宮水落遺跡時守博士景徳王宇文愷欽天監大統暦ろう浮沈木箱初夜博士時守砂漏司辰刻漏

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

漏刻の関連情報