宇曽利山湖(読み)ウソリヤマコ

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕宇曽利山湖(うそりやまこ)


青森県下北(しもきた)半島中央部にあるカルデラ湖。面積2.7km2。湖岸に硫黄泉や火山の噴気孔が散在し、水質は強い酸性を示す。北東岸から正津(しょうづ)川が津軽(つがる)海峡へ流出する。一帯は霊場で知られる恐(おそれ)山。北岸に恐山温泉、東岸に湯坂(ゆさ)温泉がわく。下北半島国定公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇曽利山湖
うそりやまこ

青森県北東部、下北半島、恐山(おそれざん)のカルデラ内部に形成された火口原湖。湖を囲んで屏風(びょうぶ)山、北国山、障子山、小尽(こづくし)山、大尽(おおづくし)山、円(まる)山などの峰が連なっている。湖の周囲約5キロメートル、最大深度15.8メートル、湖面は青緑色を呈し、強酸性の鉱泉質であるが、ウグイが生息していることで知られる。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇曽利山湖の関連情報