コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火口原湖 かこうげんこ atrio lake

4件 の用語解説(火口原湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火口原湖
かこうげんこ
atrio lake

カルデラあるいはカルデラ状の火山性陥没地の平坦部,外輪山火口丘で囲まれてできた平坦部に水をたたえた湖。箱根芦ノ湖榛名湖赤城山大沼などは火口原湖と考えられている。火口原湖は広い意味でのカルデラ湖に含めてしまう場合もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かこうげん‐こ〔クワコウゲン‐〕【火口原湖】

火口原に水がたまってできた湖。箱根山芦(あし)ノ湖榛名(はるな)山榛名湖など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かこうげんこ【火口原湖】

火口原に水がたまってできた湖。榛名はるな湖や芦湖など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火口原湖
かこうげんこ

複式火山の外輪山の内側に発達するカルデラ内の平坦(へいたん)な部分(火口原)に局所的に水をたたえて生じた湖。カルデラの一部、カルデラ壁と中央火口丘との間を占める。カルデラ湖や火口湖と同じく、湖面の面積に対し流域面積が比較的小さい。このため堆積(たいせき)速度が遅く、湖水中の栄養塩濃度は一般に低い。群馬県の榛名湖(はるなこ)、神奈川県の芦ノ湖(あしのこ)、群馬県赤城山(あかぎやま)の大沼(おの)などが代表例としてあげられる。[森 和紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の火口原湖の言及

【火口原】より

…阿蘇の阿蘇谷と南郷谷はその好例である。火口原に水がたまると火口原湖(たとえば十和田湖)が生じるが,それが埋積または排水されて露出した旧湖底(たとえば箱根仙石原)も火口原とよぶ。このように,火口原は後の火山噴出物や火口壁・カルデラ壁からの崩落物,湖成堆積物でできている。…

※「火口原湖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火口原湖の関連キーワードカルデラ湖引退カルデラ火山性コールドロン貫入カルデラ陥没型カルデラ浸食カルデラ側カルデラ中央カルデラ風蝕カルデラコールドロン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone