宇治智麻呂(読み)うじの ちまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇治智麻呂 うじの-ちまろ

?-? 奈良時代の農民。
越前(えちぜん)(福井県)足羽(あすわ)郡の東大寺領道守荘(ちもりのしょう)の目代(もくだい)(代官)。用水を道守荘で独占し勅旨田(ちょくしでん)を荒廃させたため,天平神護(てんぴょうじんご)2年(766)処罰された。名は知麻呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android