コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道守荘 ちもりのしょう

百科事典マイペディアの解説

道守荘【ちもりのしょう】

越前国足羽(あすわ)郡の荘園。現福井市西郊,足羽川と日野川の合流地に成立。東大寺の経済的基盤確立のため749年から全国に設定された寺領の一つで,同郡糞置(くそおき)荘とともに代表的な東大寺領初期荘園。
→関連項目足羽

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちもりのしょう【道守荘】

日本古代の東大寺領荘園。越前国足羽郡道守村にあり,現在の福井市街の西方,足羽川と日野川の合流点付近に位置した。同荘は749年(天平勝宝1)4月勅による墾田施入・占定に始まり,後に同郡大領生江東人(いくえのあずまひと)が大領就任以前に私の功力で開いた墾田100町を功徳料として東大寺に寄進し荘域を拡大した。766年(天平神護2)には東人はさらに7町余の墾田を寄進し,また荘域内の百姓墾田の買得や口分田の交換などにより34町余の荘域の拡大,一円化を図った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

道守荘
ちもりのしょう

越前国足羽郡(あすわぐん)にあった東大寺領の荘。現在の福井市西部、足羽川・日野川の合流点一帯に比定される。749年(天平勝宝1)寺院に対する墾田地所有許可を受けて、東大寺野占使(やせんし)によって点定(てんじょう)された野地と、756年頃に足羽郡大領(たいりょう)生江東人(いくえのあずまひと)から寄進された墾田100町とからなる。950年(天暦4)の「東大寺封戸(ふうこ)荘園并寺用帳(ならびにじようちょう)」では326町2段55歩とみえる。成立後まもなく藤原仲麻呂(なかまろ)による寺田抑制政策のために寺田は周辺農民などによって蚕食され、一部は公田化された。この荘の実体は、おりから進められた国家の経済の再建策の一端である。その後経営再建が図られ、没収、相替(あいかえ)、買得(ばいとく)によって一円化が進められた。766年(天平神護2)の越前国司解(げ)と、開田図が正倉院に残っている。[奥野中彦]
『藤井一二著『初期荘園史の研究』(1986・塙書房) ▽奥野中彦著『荘園史と荘園絵図』(2010・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

道守荘の関連キーワード宇治智麻呂生江息嶋国司郡司

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android