コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

守宮・家守 やもり

大辞林 第三版の解説

やもり【守宮・家守】

有鱗目ヤモリ科の爬虫類の総称。全世界に約650種が知られ、多くは熱帯・亜熱帯に分布。
の一種。頭胴長約6センチメートル、尾もほぼ同長。背面は灰褐色で、腹面は淡い。四肢はよく発達し、指先には吸盤の働きをする指下板がある。人家付近に多く、夜活動して昆虫を食べる。北海道以外の日本各地と台湾・中国などに分布。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

守宮・家守の関連キーワード灰褐色爬虫類亜熱帯背面指先昆虫総称吸盤分布腹面四肢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android