コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保タダ乗り論 あんぽタダのりろん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安保タダ乗り論
あんぽタダのりろん

日本は戦後の一環としてアメリカの軍事力に守られ,本来防衛にかけるべきカネ経済発展に注ぎ込むことができた」という議論。財政赤字や日本との貿易不均衡にいらだちをみせるアメリカ議会内で根強くある意見で,日本も応分の負担を行うべきだというバードン・シェアリング要求も強まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android