コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安保庸三 あぼ ようぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安保庸三 あぼ-ようぞう

1865-1942 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
元治(げんじ)2年2月16日生まれ。才賀藤吉の指導をえて松阪電気を設立し,のち社長。さらに松阪鉄道,勢和自動車,南勢新聞などの社長をつとめた。三重県会議長をへて,大正13年衆議院議員(政友会)。昭和17年5月16日死去。78歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。旧姓は四方。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安保庸三の関連キーワードレジスタンス文学森一生ガダルカナルの戦い国際オリンピック委員会東条英機内閣リーン南北戦争フォーレアメリカ合衆国史(年表)アンガー

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android