コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安宅船・阿武船 あたけぶね

大辞林 第三版の解説

あたけぶね【安宅船・阿武船】

室町末期から近世初期に建造された軍用の大船。数十挺ちようから一〇〇挺以上の艪を備える。矢倉は堅固な楯板たていたで囲い、矢・鉄砲のための矢狭間やざまをあけ、前部に大砲の装備がある。五百石積みから二千石積みぐらいのものがあった。1635年建造の安宅丸はその最大のもの。あたけ。あたかぶね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

安宅船・阿武船の関連キーワード矢狭間安宅丸かぶ大船大砲軍用前部矢倉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android