コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定増大装置 あんていぞうだいそうちstability augmentation system; SAS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

安定増大装置
あんていぞうだいそうち
stability augmentation system; SAS

航空機の固有の安定性の不足を補い,動揺の減衰を強めるために設けられる自動操縦装置ジャイロ計器加速度計などで機体の動きを検知,その信号によって自動的に操縦舵面を動かし,運動を制御する。ジェット輸送機の尾部がひねられるように揺れるダッチロール操縦士の操縦だけで減衰するのが難しいが,これを制御するヨーダンパなどが安定増大装置の例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

安定増大装置の関連キーワード航空機

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android