操縦士(読み)ソウジュウシ

  • そうじゅうし サウジュウ‥
  • そうじゅうし〔サウジユウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 航空機を直接に操縦する技能をもち、その資格を与えられた者。また、航空機の操縦を職業とする者。パイロット。
※抒情歌(1932)〈川端康成〉「操縦士は高等学校の学生一人で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の操縦士の言及

【航空機乗組員】より

…日本の航空法では直接運航に携わる要員(運航乗員)のみを乗組員として規定しているが,一般に民間輸送機では客室乗員や貨物係まで含めていうことが多い。大型輸送機の場合,かつては運航乗員は正・副操縦士(操縦士のことをパイロットpilotと呼ぶことも多い),機関士,航法士,通信士の5人編成であったが,装備の進歩によって操縦士が通信業務を兼ねられるようになり,次いで高精度自動航法機器の採用によって航法士も不要となった。今日では自動化は機関士の業務にもおよび,超大型機でも2人の操縦士だけで運航される時代を迎えた。…

※「操縦士」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

操縦士の関連情報