コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加速度計 かそくどけいaccelerometer

翻訳|accelerometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

加速度計
かそくどけい
accelerometer

運動する物体の加速度を測定・記録する計器で,次の3種に大別される。 (1) 車両航空機などのように,あまり変化の大きくない加速度を測定する加速度計。 (2) 100g程度までの振動体の加速度を求める振動加速度計。 (3) 数万 gにも及ぶ衝撃的な加速度を対象とする衝撃加速度計。最も簡単な例でみると,一定質量のおもりに働く力を機械的または電気的にはかることによって,おもりのもつ加速度を知ることができる。たとえば,ばね秤におもりをつるして,上りのエレベータに乗る。エレベータの動き始めの秤の示度は静止時より大きく,停止するときの示度は小さい。それぞれの差はエレベータの加速・減速時の加速度に比例する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かそくどけい【加速度計 accelerometer】

加速度の大きさを示す計器で,車両,航空機,地震などの加速度測定に使われる。運動体に取り付けた振子は,加速度の影響で振れる。この振子の周期が十分短いと,その振れは運動体の加速度に比例する。この原理を利用し,ばね‐質量系とそれの変位に対応する出力が得られるように構成されたものが加速度計である。図のaは,圧電素子を曲げ形のばね要素としたものの一例で,加速度によるばねのたわみに対応した電圧が得られる。また図のbは,質量Mの下側に圧電素子を配置し圧縮形としたもので,この場合には圧電素子の固有振動数は非常に高いので,質量Mと運動体の相対変位は加速度に比例し,この変位に比例した電荷を発生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かそくどけい【加速度計】

加速度を計る計器。車両・航空機などに使われる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加速度計
かそくどけい

加速度を電気的または機械的に測定する器械。直線加速度を測定するものと、角加速度を測定するものがある。運動の第二法則によって、加速度の大きさは物体に働く力に比例するので、加速度計は乗り物や機械の可動部分に働く力を測定する目的で使われる。たとえば、地震用計測器のなかには加速度計を利用して地震で発生した力の大きさを測定するものがある。さらに加速度の時間的な変化を記録することによって、時間に対する速度の変化や走行距離を知ることができるので、航空機の位置などを知るうえで役にたつ計器である。加速度計には種々の形式のものがあるが、その主要部は、枠の中に一定の質量のおもりをばねなどで取り付け、加速度がかかったときのおもりの動きや、ばねのひずみなどを機械的あるいは電気的方法で検出するようになっている。たとえば、ひずみゲージ加速度計では、ひずみを受けたときに電気抵抗が変化するような線(ひずみゲージという)をばねのかわりに使用しておもりを支え、加速度が加えられると、ひずみゲージから電気的出力が得られるようになっている。
 1個のおもりのついた加速度計では、あらかじめ定められた方向の加速度しか測定できないが、3個のおもりを使って、それぞれ直角な三つの方向の加速度を測定する3軸加速度計もある。[石川光男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

加速度計の関連キーワードミサイル関連技術輸出規制体制ストラップダウン方式アップルウォッチオートパイロットロボットセンサ安定増大装置弾道ミサイル慣性航法装置Wii Uミサイル複合誘導おおすみ慣性航法強震計波浪計波浪航法

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

加速度計の関連情報