安定賃金制(読み)あんていちんぎんせい(英語表記)stable wage system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「安定賃金制」の解説

安定賃金制
あんていちんぎんせい
stable wage system

年々の賃金闘争を集約し,労使関係の安定をはかるため締結される長期賃金協定をいう。スウェーデンに典型的にみられるが,日本でも 1959年の春闘で日本私鉄労働組合総連合会傘下の東京急行電鉄,名古屋鉄道両労組が締結して話題となった。協定の内容は (1) 2~3年間の賃上げ額または賃上げ率を協定化するもの,(2) 企業の業績または同規模他社の賃上げ額に見合う額とするもの,(3) 賞与についても協定するもの,などいくつかの型がある。経済・企業経営の安定的発展などが前提となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android