コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安家地(あっかじ)大根

デジタル大辞泉プラスの解説

安家地(あっかじ)大根

岩手県下閉伊郡岩泉町北部山間の安家地区で古くから栽培されてきた地ダイコン。小ぶりで表皮は鮮赤色、肉質は硬く繊維質で保存性に優れる。スローフード協会により「味の箱舟」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

安家地大根[根菜・土物類]
あっかじだいこん

東北地方、岩手県の地域ブランド。
下閉伊郡岩泉町安家地区で生産されている。古くから栽培されてきた大根。鮮やかな紅色が特徴。肉質は硬く、貯蔵に適する。辛味も強い。ビタミンC含有量は、一般的な大根の約2倍。収穫時期は9月下旬〜10月下旬頃。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android