コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安居院庄七 あごいん しょうしち

3件 の用語解説(安居院庄七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安居院庄七 あごいん-しょうしち

1789-1863 江戸時代後期の農政家。
寛政元年生まれ。相模(さがみ)(神奈川県)大山の修験者の子で,商家の養子となる。二宮尊徳のもとで報徳仕法をまなぶ。弘化(こうか)3年から東海地方で報徳社結成の運動をすすめた。文久3年8月13日死去。75歳。名は義道。字(あざな)は蘆翁。号は乾坤斎(けんこんさい)。

安居院庄七 あぐい-しょうしち

あごいん-しょうしち

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安居院庄七

没年:文久3.8.13(1863.9.25)
生年:寛政1(1789)
江戸後期の報徳運動家,農事指導者。諱は義道,字蘆翁,乾坤斎と号した。相模国大住郡蓑毛村(秦野市)生まれ。家職は大山阿夫利神社の修験者。同郡曾屋村の商家安居院家に入り聟,米相場に失敗して家産を失い,天保13(1842)年二宮尊徳を日光に訪ね,教えを請うたが許されず,立ち聞きをして教義を学んだという。帰国後,米穀の原値売りを始めたが,報徳布教のため弟浅田勇次郎と共に畿内に行き,活動のかたわら農事改良法をおぼえる。伊勢八幡春日三社太々万人講に加わり,弘化4(1847)年,講員勧誘のため赴いた遠江国長上郡下石田村(浜松市)で神谷与平治を中心に村民を集めた下石田社を結社。次いで岡田佐平治らに迎えられ,遠州(静岡県)各地に報徳思想を普及させた。また,深耕,苗代の薄蒔法,正条植えなどの先進農業技術を伝え,現金掛け値なしの報徳店経営をすすめた。<参考文献>鷲山恭平『報徳開拓者安居院義道』

(海野福寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安居院庄七の関連キーワード原文暉菅江嶺報徳仕法伊藤七郎平岡田佐平治片平信明神谷与平治高橋正作福山滝助報徳運動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安居院庄七の関連情報