コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報徳仕法 ホウトクシホウ

デジタル大辞泉の解説

ほうとく‐しほう〔‐シハフ〕【報徳仕法】

江戸後期、二宮尊徳によって説かれた、節約・貯蓄を中心とする農民の生活指導などを通じて農業経営のたてなおしと農村復興をはかる方法。尊徳仕法。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうとくしほう【報徳仕法】

二宮尊徳の創始・唱道した生活様式で、分度推譲、勤倹貯蓄などによって、農村の困窮を救い、農民に安全な生活を営ませることがめざされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の報徳仕法の言及

【報徳社】より

…推譲とは今日のものを明日に譲り,今年のものを来年に譲り,そのうえ子孫に譲り,他人に譲るという行為を意味する。報徳仕法とは,前述のような報徳の教えを実践することを意味し,尊徳が難村立直しの経験とその過程で自得した生活技術を基礎に,これを社会に適用しようとする一種の農村計画であった。 幕末期における報徳社の活動は,時勢に適合するところが多く,東海地方を中心に相模,甲斐,伊勢,河内など各地の農村に深く浸透するにいたったが,とくに遠州地方では,1847年(弘化4)安居院(あぐい)義道が報徳仕法に基づき一社を組織したのを契機に,その後岡田佐平治ら同地方の地主層の指導のもとに,漸次その組織を拡大していった。…

※「報徳仕法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

報徳仕法の関連キーワード小林平兵衛安居院庄七名倉太郎馬桜町陣屋跡栃木(県)大久保忠保大沢小才太石川総貨富田高慶福住正兄小田原藩板倉勝長斎藤高行報徳記酒匂川報徳社中村藩永安法創始二宮

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報徳仕法の関連情報