コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝山 かつやま

14件 の用語解説(勝山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝山
かつやま

岡山県北部,真庭市中部の旧町域。旭川中流域,吉備高原久世盆地からなる。 1896年町制。 1955年月田村,富原村の2村と合体。 2005年北房町,落合町,湯原町,久世町,美甘村,川上村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

勝山
かつやま

福岡県東部,みやこ町北部の旧町域。貫山地の南東斜面に位置する。 1955年諫山村,久保村,黒田村が合体して町制施行。 2006年犀川町,豊津町と合体して,みやこ町となった。山地や丘陵が多いが,東部の沖積低地での米作が中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

勝山
かつやま

山梨県南部,富士山の北斜面にある地域。旧村名。 2003年 11月河口湖町,足和田村と合併し富士河口湖町となった。河口湖南岸の一部を含む。米作と野菜の栽培が行なわれるが,民宿を兼業する農家が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

勝山
かつやま

千葉県南西部,浦賀水道にのぞむ鋸南町の中心地区。内房の海水浴場として知られる。田子台に弥生遺跡,沖合いに景行天皇の伝説が残る浮島がある。南房総国定公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かつやま【勝山】

江戸時代の婦人の髪形の一。末を細めにして束ねた髪を前へ輪のように巻き上げ、先を笄(こうがい)で留めたもの。丸髷(まるまげ)の前の形。承応(1652~1655)のころ、江戸吉原の遊女勝山が始めたという。勝山髷。

かつやま【勝山】[福井県の市]

福井県北東部の市。もと小笠原氏城下町で、タバコ・絹織物の集散地として発展した。今も繊維・縫製業が盛ん。北谷地区の手取層群から多数の恐竜化石が発掘されている。人口2.5万(2010)。

かつやま【勝山】[岡山県の地名]

岡山県真庭市の地名。もと三浦氏の城下町。高田硯(たかだすずり)を特産する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝山 かつやま

?-? 江戸時代前期の遊女。
もと江戸神田の丹前風呂紀伊国屋(きのくにや)の湯女(ゆな)。紀伊国屋廃業後の承応(じょうおう)2年(1653)吉原の太夫となり,丹前勝山の名で人気をよぶ。勝山髷(まげ)を流行させ,勝山歩(あゆみ),勝山鼻緒などを創案。和歌や書にすぐれ,笛,琴などもたくみであったという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

勝山

生年:生没年不詳
江戸中期の遊女。初め江戸神田の堀丹後守屋敷前の風呂屋(丹前風呂)の紀伊国屋抱えの湯女で,外出の際に男風の黒仕立に編笠を被り,木刀を帯びたと伝えられる名物湯女であった。承応2(1653)年8月,吉原新町の山本芳順抱えの太夫となり,明暦3(1657)年8月に廓を去ったと伝えられている。吉原に移籍後も丹前の勝山の名で評判を取り,その案出にかかる勝山髷や草履の勝山鼻緒は,広く一般にも流行した。また吉原廓内では,従来の道中の歩み振りを京都島原風から,いわゆる六法風に改め,外八文字の趣向に新味を発揮した。

(宇田敏彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かつやま【勝山】

宮城の日本酒。酒名は、「勝ち星を山のようにとる」のことばから「勝」と「山」をとったという説と、女性の髪形「勝山髷」に由来するという説がある。「暁」は遠心分離によって搾る純米大吟醸酒。ほかに純米大吟醸酒「伝」、純米吟醸酒「献」などがある。平成3~5、11~15年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦など。仕込み水泉ヶ岳山麓の伏流水。蔵元の「仙台伊澤家 勝山酒造」は元禄年間(1688~1704)創業。2代目のときに仙台藩御用酒屋となる。所在地は仙台市泉区福岡字二又。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

勝山(かつやま)

宮城県、仙台伊澤家勝山酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かつやま【勝山】

江戸時代の婦人の髪の結い方。後頭部で束ねた髪を先を細くして輪のようにたわめて前に返し、先端を笄こうがいでとめたもの。吉原の遊女、勝山が結いはじめたという。勝山髷まげ

かつやま【勝山】

福井県北東部、九頭竜川中流に臨む市。機業が盛ん。白山神社には、もと平泉へいせん寺があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝山の関連キーワード僧萬庵涌蓮丹前鶏冠丹前風呂幾島丹後守伊勢屋八兵衛高尾(紺屋高尾)神酒屋徳利紫由加里

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

勝山の関連情報