コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分国 ぶんこく

4件 の用語解説(分国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分国
ぶんこく

平安~鎌倉時代には,皇族や公家に一国の租税徴収権を与えてこれを所領化したいわゆる賜国制に基づく知行国 (ちぎょうこく) をいった。南北朝~室町時代には,守護が所領化した任国をいった。戦国時代には,戦国大名の一円的領有地を意味し,ここでは旧来の国をこえたものとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんこく【分国】

平安末期、院・宮・公卿などが、国司の職権を付与されて知行する国。
守護大名・戦国大名の領国。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分国
ぶんこく

平安中期以後、本来は行政区域であった国を、一国または数国にわたって院(上皇・女院など)、宮(中宮・東宮など)に賜り、国を賜った国主(院・宮)が国司を推挙して正税官物(しょうぜいかんもつ)を徴収させた。これを分国といい、その制度を分国制という。源頼朝(よりとも)がもっていた関東御分国(ごぶんこく)も同種のものである。室町時代には、守護がその権限を拡大し、任命された国を所領化し自己の領国となし、守護大名となった。この守護大名の領国も分国とよばれる。さらに戦国大名によって分国の一円(いちえん)支配が強化されたが、この場合分国の範囲も数国にわたるものがあり、独自の法(分国法)までつくり、独立国の観を呈した。分国はやがて江戸時代の大名領国・藩として幕藩体制のなかに組み込まれていく。[伊藤清郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の分国の言及

【院宮分国】より

…院分,皇后宮分などと指定された令制の国。908年(延喜8)宇多上皇の分国に充てられた信濃国を初見とし,ついで冷泉,円融,三条,後三条各上皇の分国が見えるが,院政期以降飛躍的に増大した。女院(によいん)の場合は,最初の女院,東三条院以下,上東門院,陽明門院など国母(天皇の生母)たる女院に分国が充てられたが,さらに白河上皇寵愛の皇女郁芳門院がこの恩典に浴してから女院一般に広まった。…

※「分国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分国の関連情報