コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安法 あんぽう

2件 の用語解説(安法の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安法 あんぽう

?-? 平安時代中期の歌人,僧。
源融(とおる)(822-895)の曾孫。源適(かなう)の子。母は大中臣安則の娘。はやくから出家し,安法法師と号し,京都河原院(かわらのいん)に住した。中古三十六歌仙のひとり。恵慶(えぎょう),源順(したごう)らと交流し,歌は「拾遺和歌集」「新古今和歌集」などにおさめられている。俗名は源趁(みなもとの-したごう)。家集に「安法法師集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

安法

生年:生没年不詳
平安時代の歌人。俗名は源趁。嵯峨天皇の皇子である源融の曾孫。父は適。母は大中臣安則 の娘という。父の代から家運は衰退し,安法の経歴も不明だが,出家後は曾祖父融が造営した壮大な別荘河原院の一画を寺とし,そこに住した。源順,恵慶,能因など同院を訪れる人は多く,その荒廃などを主題に漢詩文や和歌を作り独特の交友圏を形成したが,安法自身は彼らと風雅の交わりを結びつつ,貴顕や晴れの場とは無縁なところで歌作を続けた。その姿勢には後世の隠者歌人につながる一面があって注目される。『拾遺集』以下の勅撰集に12首入集。自選家集『安法法師集』が残る。<参考文献>犬養廉「河原院の歌人達―安法法師を軸として―」(『国語と国文学』1967年10月号)

(山本登朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安法の関連キーワード弘仁嵯峨源氏五百井女王京極准后嵯峨隠君子斉子内親王(1)高津内親王多治比高子業良親王源澄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

安法の関連情報