コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安海 あんかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安海 あんかい

?-? 平安時代中期の僧。
京都の人。天台宗。比叡(ひえい)山の興良について出家。長保5年(1003)源信が宋(そう)(中国)の智礼に27条の質問をおくるとき,安海は上中下の解答をつくり,智礼の解答は中か下であろうと予言。結果はそのとおりであったという。
【格言など】源信は広いが浅いので着物をまくって渡れる。覚運は深いが狭いからまたいで越えられる(当時の二大学匠を評し)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

安海の関連キーワード兵庫県多可郡多可町八千代区中村エイチ・アイ・エス[株]世界のおもな美術館愛知県豊橋市魚町黄金山産金遺跡清水長孺笠利天津

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安海の関連情報