コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚運 カクウン

6件 の用語解説(覚運の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かくうん【覚運】

[953~1007]平安中期の天台宗の僧。京都の人。藤原貞雅の子。比叡山良源に学び、東塔の檀那院に住し、恵心流と並ぶ檀那流の開祖となった。著「玄義鈔」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚運 かくうん

953-1007 平安時代中期の僧。
天暦(てんりゃく)7年生まれ。天台宗。比叡(ひえい)山で良源に師事。叡山東塔の檀那(だんな)院で教学を講説し,横川(よかわ)恵心(えしん)院の源信とならび称された。寛弘(かんこう)2年一条天皇に「法華経疏」を進講して権大僧都となる。のちその法系は檀那流とよばれた。寛弘4年10月30日死去。55歳。京都出身。通称は檀那僧都。著作に「玄義抄」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

覚運

没年:寛弘4.10.30(1007.12.12)
生年:天暦7(953)
平安中期の天台宗の僧侶。藤原貞雅の子。比叡山延暦寺良源の弟子となり天台教学を学んだ。広学竪義(延暦寺の重要な学問行事で法華経の教説に関する論議問答)に竪者(義を立て問者の質問に答える役)となり,さらにのちには精義者(質疑応答の判定者)に選ばれて才学を振るった。やがて彼は真言密教を静真,皇慶に学び一派を形成する。彼が比叡山東塔南谷の檀那院に住していたことからその系統は檀那流と呼ばれ,特に源信の恵心流と対比的に理解されがちであるが,それは鎌倉時代に起こった法系の反映にすぎない。しかし彼は源信と異なり天皇や藤原道長などの貴族と密接な関係を保ったことも事実で,さまざまな法会の講師や経論の進講などを勤め,「仏法の棟梁,国家の珍宝」と重んじられ昇進の道を歩んだ。没後には権僧正を追贈されている。<参考文献>井上光貞『日本浄土教成立史の研究』

(小原仁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくうん【覚運】

953‐1007(天暦7‐寛弘4)
平安中期の天台宗延暦寺の僧。藤原南家の春宮少進貞雅の子。慈慧僧正良源の弟子として才名があり,念仏につとめ,後に密教を静真・皇慶に学び,また唯識・因明にも通じた。一条天皇や藤原道長の知遇を得て,〈仏法の棟梁,国家の珍宝〉と讃えられ,源信と並び称せられた。比叡山東谷檀那院に住んだので,覚運の門流を檀那流とよび,後に源信の恵心流とともに天台教学の二大流派とされるようになった。1003年(長保5)少僧都,05年権大僧都,没後僧正追贈。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かくうん【覚運】

953~1007) 平安後期の天台宗の僧。念仏・密教に通ずる。比叡山東谷檀那院に住し、その門流は檀那流と呼ばれて、源信の恵心流と並ぶ天台宗二大流派となった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

覚運
かくうん
(953―1007)

平安中期の天台宗の僧。京都の人で、藤原貞雅(さだまさ)の子。慈慧大師(じえだいし)良源に学び、叡山(えいざん)東塔の檀那院(だんないん)に住して教学を講説した。西塔慧心院(えしんいん)の源信(げんしん)と並び称され、両者の法系である檀那流と慧心流の両流は、天台宗学の二大流派となった。また、30歳に満たない谷阿闍利皇慶(たにあじゃりこうけい)に密教を学び、秘密灌頂(ひみつかんじょう)を受ける。1003年(長保5)12月、一条(いちじょう)天皇の詔(みことのり)により大極殿(だいごくでん)仁王会(にんのうえ)の総導師を管し、少僧都(しょうそうず)に任ぜられた。その後しばしば宮中に召されて法要を説き、詔によって僧正(そうじょう)に任ぜられた。寛弘(かんこう)4年11月1日(一説に10月30日)示寂。世に檀那僧都(僧正)と称された。『玄義鈔(げんぎしょう)』『円頓戒勘文(えんどんかいかんもん)』『草木発心修行成仏義(そうもくほっしんしゅぎょうじょうぶつぎ)』『四種三昧(ししゅさんまい)私記』『三観義(さんかんぎ)私記』などの著作がある。[中尾良信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

覚運の関連キーワード恵心僧都百如慈芳普門円通孝暢元三大師明快行真興義最円尋空

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚運の関連情報