安藤 一郎(読み)アンドウ イチロウ

20世紀日本人名事典の解説

安藤 一郎
アンドウ イチロウ

昭和期の詩人,英米文学者 元・青山学院大学教授。



生年
明治40(1907)年8月10日

没年
昭和47(1972)年11月23日

出生地
東京市芝区南佐久間町(現・東京都港区)

学歴〔年〕
東京外国語学校(現・東京外国語大学)英語部卒

経歴
中学時代から詩作し「太平洋詩人」「近代風景」などに投稿する。東京外語卒業後、府立六中教諭となり、米山高工を経て、昭和16年東京外語助教授に就任。その間、5年に「思想以前」を刊行して詩壇に登場し、また英文学者として「ダブリン市民」などを翻訳する。戦後も「ポジション」「経験」「遠い旅」などの詩集を刊行。またロレンスなどの詩を翻訳する一方、「二〇世紀の英米詩人」などの研究書を刊行するなどして、38年現代詩人会会長に就任。英米モダニズム系の詩人、英米文学研究者として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

安藤 一郎 (あんどう いちろう)

生年月日:1907年8月10日
昭和時代の詩人;英米文学者。青山学院大学教授
1972年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

安藤 一郎の関連情報