コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダブリン市民 ダブリンしみん Dubliners

3件 の用語解説(ダブリン市民の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダブリンしみん【ダブリン市民 Dubliners】

アイルランドの小説家J.ジョイスの短編集。1914年刊。アイルランド精神史の一章を書く意図から,〈麻痺〉の中心と思われるダブリンをとり上げ,ダブリンおよびダブリン市民の麻痺すなわち無気力,〈腐敗の特殊なにおい〉の様相を,幼年期,思春期,成年,社会生活の四つの面の下に呈示した15編からなる。すべて,卑俗な,挫折してゆく人間を描いたものであるが,最後の〈死せる人々〉だけには,世界と人間への許しがほの見えていて,後の大作《ユリシーズ》に連なるものが暗示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ダブリンしみん【ダブリン市民】

《原題Dublinerジョイスの処女短編小説集。1914年刊。「イーブリン」「レースのあとで」など全15編を収める。最後の作品「死者たち」は特に有名で、1987年にジョンヒューストン監督により映画化された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダブリン市民
だぶりんしみん
Dubliners

アイルランドの小説家ジェームズジョイスの処女短編集。1914年刊。15の作品からなる。「麻痺(まひ)の中心」ダブリンの「倫理史」の1章を試みたもの。英王室批判を含んだ一節があったために、削除要求や出版拒否の憂き目を見、友人たちの尽力でようやく出版された。フロベールから学んだ精緻(せいち)で結晶度の高い、しかも単色の抑制された文体で書かれており、さまざまな登場人物たちのダブリン脱出の夢とその挫折(ざせつ)が、重要な主題の一つになっている。どの短編にも、ものの本質を一挙にひらめき出させる、いわゆる「顕現(エピファニー)」epiphanyの手法が用いられており、細部描写に徹した写実主義と、鮮やかなイメージの繰り返しとパターンの様式化を用いた象徴主義の、みごとな結び付きがみられる。[出淵 博]
『高松雄一訳『ダブリン市民』(『新集 世界の文学30』所収・1972・中央公論社、のち福武文庫) ▽戸田基訳『ダブリン市民』(『筑摩世界文学大系67』所収・1976・筑摩書房) ▽安藤一郎訳『ダブリン市民』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダブリン市民の言及

【ジョイス】より

…この後25年間,09年と12年に自著出版のための短期間の帰国を除いては,ヨーロッパを転々としながらひたすら著作の生活を送った。 1907年詩集《室内楽》,14年閉塞的なダブリンに住む人々の挫折の諸相を描いた短編集《ダブリン市民》を出版。本格的な処女作というべきものは,アイルランド独立運動挫折期に育った少年が,家にも祖国にも宗教にも反逆して,己の運命を文学の世界に切り開いていこうとする姿をギリシア神話のダイダロスの姿と重ね合わせながら,内側から描いた《若き芸術家の肖像》(1916)である。…

※「ダブリン市民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダブリン市民の関連キーワードアイルランド語北アイルランドストーカードーデアイリッシュラクスネスサンディコーブジェームズジョイスタワーダンセニージェイムズ・ジョイスの殺人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダブリン市民の関連情報