完熟マンゴー「太陽のタマゴ」(読み)かんじゅくまんごーたいようのたまご

  • 果樹類

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

九州・沖縄地方、宮崎県の地域ブランド。
樹上で熟させ自然落果したものを、ひとつひとつにかけたネットでキャッチし収穫。基準を満たした完熟マンゴーのなかから、さらに糖度15度以上で、重量350g以上、赤みのある外観に優れたものを「太陽のタマゴ」の名で出荷している。ハウス栽培。4月中旬から7月にかけて収穫・出荷。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の関連情報