コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗中 そうちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗中 そうちゅう

?-? 幕末の陶工。
嘉永(かえい)3年(1850)江戸渋谷(しぶや)の島津邸で,小窯をきずき,原土釉薬(ゆうやく)を薩摩(さつま)(鹿児島県)からとりよせて薩摩焼をつくったとき,焼成にあたった。青釉で宗中の銘を印したものがおおい。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗中の関連キーワード遠州流(茶道)忽滑谷 快天庄田 録四郎尊観(2)村雲 日栄繁野 天来石川 照勤良尊(2)大住 嘯風指月慧印四天王寺高栄女王英暉女王卍山道白元三大師大長寿院竹腰篷月村上専精栄恕女王月舟宗胡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android