宗教心(読み)シュウキョウシン

大辞林 第三版の解説

しゅうきょうしん【宗教心】

宗教を信じる人のもつ敬虔けいけんな心。神仏などを信じようと求める気持ち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうきょう‐しん シュウケウ‥【宗教心】

〘名〙 宗教を信じようとする気持。神仏、その他超自然的な力に対するおそれとうやまいから生まれる敬虔(けいけん)な心持。また、宗教を信じている人の持つ博愛精神。信仰。
※真理一斑(1884)〈植村正久〉一「殆ど憫笑に堪ざる宗教を奉守したるは適以て宗教心の須臾も離れ難きを示すに足らん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗教心の関連情報