須臾(読み)しゅゆ(英語表記)muhūrta, kṣaṇa

  • ▽須×臾
  • すゆ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (muhūrta の音訳「牟呼栗多(むこりた)」の訳に当てられた漢語。一昼夜の三十分の一。または kṣaṇa の音訳「刹那」の訳ともされる。短い時間を表わす) 仏語。しばらくの間。すこしのひま。しばらく。しばし。暫時。
※正倉院文書‐天平二〇年(748)一一月二〇日・久米熊鷹解「以十月二十五日得腹病、須臾間無休息時
※浮世草子・近代艷隠者(1686)一「須臾(シュユ)にして、うるはしき小童と化して」 〔中庸‐第一章〕
② 数の単位の一つ。非常に小さい数の単位で、10-15 にあたる。
〘名〙 わずかの時間。瞬時。しゅゆ。
※基督教の美(1897)〈柏井園〉「須臾(スユ)の身を以て悠々たる歳月を送迎し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android