須臾(読み)しゅゆ

精選版 日本国語大辞典「須臾」の解説

しゅ‐ゆ【須臾】

〘名〙
① (muhūrta の音訳「牟呼栗多(むこりた)」の訳に当てられた漢語一昼夜の三十分の一。または kṣaṇa の音訳「刹那」の訳ともされる。短い時間を表わす) 仏語。しばらくの間。すこしのひま。しばらく。しばし。暫時
正倉院文書‐天平二〇年(748)一一月二〇日・久米熊鷹解「以十月二十五日得腹病臾間無休息時
※浮世草子・近代艷隠者(1686)一「須臾(シュユ)にして、うるはしき小童と化して」 〔中‐第一章〕
② 数の単位の一つ。非常に小さい数の単位で、10-15 にあたる。

す‐ゆ【須臾】

〘名〙 わずかの時間。瞬時。しゅゆ。
※基督教の美(1897)〈柏井園〉「須臾(スユ)の身を以て悠々たる歳月を送迎し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「須臾」の解説

須臾
しゅゆ
muhūrta, kṣaṇa

インドの時間の単位で,muhūrtaが 48分にあたり,kṣaṇaは「刹那 (せつな) 」と音写されて,一瞬のこと。したがって須臾は,「しばし」と「一瞬」の両意に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「須臾」の解説

しゅ‐ゆ【×臾】

短い時間。しばらくの間。ほんの少しの間。「須臾も忘れず」「須臾の命」
[類語]暫くしば少しちょっとやや一時いっとき一頻ひとしき暫時ざんじ少時しょうじ寸時瞬間一瞬瞬時刹那一刹那とっさ片時数刻寸刻一刻束の間たまゆら電光石火

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「須臾」の解説

【須臾】しゆゆ

しばらく。〔中庸、一〕なるは、須臾も離るべからざるなり。離るべきはに非ざるなり。

字通「須」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android