コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

官位相当 カンイソウトウ

デジタル大辞泉の解説

かんい‐そうとう〔クワンヰサウタウ〕【官位相当】

律令制で、官職をそれぞれ相当する位階に配して等級を定めること。例えば、太政大臣は正・従一位、左右大臣は正・従二位など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんいそうとう【官位相当】

律令制で、官職と位階が互いに相当すること。令で、位階を基本としてそれに相当する官職が規定されており、これによって官人の任命がなされた。例えば太政大臣は正・従一位、大納言は正三位など。 → ぎようしゆ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

官位相当の関連キーワード官人(かんじん)後醍醐天皇造東大寺司官位相当制廃藩置県紫微中台官吏制度斎藤貞宜図書寮内侍司令外官中務省官位令外衛府十二単坂時存春宮坊朝服衛府栄典

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android