コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定在波法 ていざいはほう standing wave method

1件 の用語解説(定在波法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定在波法
ていざいはほう
standing wave method

定常波法ともいう。定在波を利用して,おもにマイクロ波回路の負荷インピーダンス消費電力や波長,そのほか音波の吸収率などの測定に用いられる。波の進行波と反射波との間の干渉で生じる定在波の振幅の最大値と最小値との比である定在波比ρを測定し,反射波の反射係数 γ=(ρ-1)/(ρ+1) を得て,これを利用したりする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定在波法の関連キーワード定在波定常波年代測定法紫外分光測光スペクトロメトリー生物発光法赤外分光ビウレット法微生物殺虫剤免疫ブロット法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone