定数不均衡(読み)テイスウフキンコウ

デジタル大辞泉の解説

ていすう‐ふきんこう〔‐フキンカウ〕【定数不均衡】

ある選挙区の議員定数と有権者数との比率が、他の選挙区における比率と著しく均衡を欠くこと。議員一人当たりの有権者数が少ない選挙区ほど有権者の一票の価値は大きくなる。不均衡を是正するため、選挙区の定数や区割りを変更するなどの調整が行われているが、衆院選で2倍以上、参院選で5倍前後の格差が生じる状態が続いている。→一票の格差
[補説]最高裁判所が違憲状態とした選挙区割りのまま平成24年(2012)12月に実施された衆院選では、不均衡が拡大し、広島高等裁判所と同岡山支部が選挙を違憲で無効とする判決を下した。これを受けて公職選挙法が改正され、一票の格差が2倍未満になるよう区割りが改定されたが、同年11月、最高裁判所は違憲状態との判断を示した。平成25年(2013)7月の参院選では一票の格差が4.77倍となり、一審で違憲無効判決が言い渡されたが、最高裁判所は違憲状態との判断を示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

定数不均衡の関連情報