通常選挙(読み)つうじょうせんきょ

知恵蔵の解説

通常選挙

総選挙」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

つうじょう‐せんきょ〔ツウジヤウ‐〕【通常選挙】

参議院議員の任期満了により、定員の半数を改選するため、3年ごとに行われる選挙。被選挙権は日本国民で満30歳以上。参議院議員通常選挙参院選。→総選挙
[補説]議員定数は242(比例代表96、選挙区146)。選挙の期日は、原則として任期満了日の前30日以内と定められ、7月に行われることが多い。平成30年(2018)の公職選挙法一部改正に伴い、令和元年(2019)および令和4年(2022)の選挙で3(比例代表2、選挙区1)ずつ増え、議員定数は248(比例代表100、選挙区148)となる。比例代表選挙は原則として都道府県を一つの選挙区とする非拘束名簿式で行われる。1票の格差を是正するため、平成28年(2016)の通常選挙から、鳥取と島根、および徳島と高知は、それぞれ2県で1選挙区とする合区が導入された。令和元年(2019)の選挙から、政党は比例代表に「特定枠」を設けることができる。これは、政党が優先的に当選させる候補者とその順位を、他の候補者と区別して名簿に記載するもので、合区のため候補者を擁立できない県から優先的に議員を出せるようになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

通常選挙【つうじょうせんきょ】

公職選挙法で参議院議員の任期満了に伴い3年ごとに行われる半数改選の選挙。任期が終わる日の前30日以内に行う。なお日本国憲法第7条4号にいう総選挙は,通常選挙を含むものと解されている。→拘束名簿式比例代表制ドント式

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

つうじょうせんきょ【通常選挙】

参議院議員の任期満了に伴い、半数改選のため三年ごとに行われる選挙。 → 総選挙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通常選挙
つうじょうせんきょ

参議院議員の任期満了に伴う選挙。衆議院議員の場合の総選挙、地方議会議員の場合の一般選挙に相当する。参議院は衆議院と異なって解散制度がなく、議員の任期は6年であるが、3年ごとに議員の半数が改選されるので(憲法46条)、通常選挙は3年ごとに行われる。通常選挙は議員の任期満了前30日以内に行われ、その選挙の期日は、少なくとも18日前に公示しなければならない(公職選挙法32条)。[三橋良士明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

つうじょう‐せんきょ ツウジャウ‥【通常選挙】

〘名〙 参議院議員の任期満了に伴い、定員の半数を改選するため、三年ごとに行なわれる選挙。
※貴族院多額納税者議員互選規則(明治二二年)(1889)二四条「補闕選挙を行ふの時期及手続は通常選挙の例に同し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通常選挙の関連情報