コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公職選挙法 こうしょくせんきょほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公職選挙法
こうしょくせんきょほう

昭和25年法律100号。日本の公職選挙に関する基本法であり,衆参両議院の議員選挙および地方公共団体の長や議員の選挙に適用される。第2次世界大戦前の衆議院議員選挙法や戦後つくられた参議院議員選挙法を引き継ぎ,地方自治法の選挙に関する規定を統合したものである。内容は多岐にわたり,議員の定数,選挙管理の機関,選挙権および被選挙権の範囲,選挙区選挙人名簿,投票,開票,立候補,選挙に関する争訟の手続,選挙運動,違反者の処罰など,選挙に関する重要な事項が網羅されている。(→選挙

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

公職選挙法

衆議院議員、参議院議員ならびに地方公共団体の議会の議員、首長を公選するための選挙について定めた法律で、略称は公選法。衆参両院の定数や選挙方法、選挙権・被選挙権などについて詳細に定めている。
選挙の公示日以降、候補者名の入った選挙運動のための文書図画の配布などは同法により制限される。この観点からすると、IT社会の進展により広がったウェブサイトに掲載される候補者情報はどうするのか、また選挙期間中SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やブログを候補者が更新することは同法に抵触するのではないかなど、様々な混乱が生じていた。これらに決着をつけるため、公選法の一部改正が2013年4月に成立し、国政選挙ではインターネットを使った選挙運動が同年7月の参院選から導入される。改正後は、選挙運動期間前に公開したホームページなどは表示されたままとすることができ、電子メールや動画サイトなどを利用して候補者が一定の条件下で選挙運動をすることも認められた。また、「当選を得させないための活動」についても基準が示されている。これまでグレーゾーンであった「インターネット選挙運動」の可否が法により明確に定められたことから、これを歓迎する声が強い。
ただし、実際の適用で何らかの弊害が生じる可能性がなくなったわけではなく、インターネット上などで問題になっているモラルハラスメントのような深刻な影響も危惧されている。

(金谷俊秀  ライター / 2013年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

百科事典マイペディアの解説

公職選挙法【こうしょくせんきょほう】

衆議院議員・参議院議員,ならびに地方公共団体の長および議会の議員の選挙について適用するために定められた法律(1950年公布・施行)。各選挙について,選挙権被選挙権選挙区選挙人名簿,選挙手続,選挙争訟選挙運動および罰則などを定める。
→関連項目一般選挙議員定数公民権停止戸別訪問在外投票小選挙区選挙費用選挙妨害立会演説会地方自治法直接選挙投票特別選挙ネット選挙不在者投票普通選挙法法定得票数無効投票リクルート事件

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうしょくせんきょほう【公職選挙法】

1950年に,衆議院議員選挙法(1925公布),参議院議員選挙法(1947公布)を一本化し,さらに地方公共団体の長および議員に関する選挙法を統合して制定された法律(〈公選法〉と略称)。公選法の目的は,日本国憲法にのっとり,衆議院議員,参議院議員ならびに地方公共団体の長および議員を公選する選挙制度を確立し,その選挙が選挙人の自由に表明せる意思によって公明かつ適正に行われることを確保し,もって民主政治の健全な発達を期することにある(1条)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょくせんきょほう【公職選挙法】

衆議院議員・参議院議員、地方公共団体の長およびその議会の議員の選挙について定める法律。1950年(昭和25)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公職選挙法
こうしょくせんきょほう

日本国憲法に規定された公職就任者を公明・適正に選び、民主政治の健全な発達を目ざして制定された基本法。憲法は、(1)衆議院議員、(2)参議院議員、(3)地方公共団体の長・議員・法律の定めるその他の吏員を、国民あるいは住民が普通・平等・秘密選挙によって選出することを求め、(3)については直接選挙をも要件とするが、これらの選挙にかかわる統一法典として用意されたのが公職選挙法(昭和25年法律第100号)である。しかし、現行法が規正対象とするのは、前記のうち、(3)中の「その他の吏員」を除く四者である。
 公職選挙法の内容は、立法目的、議員定数、中央選挙管理会に始まり、選挙権、被選挙権、選挙区、選挙人名簿、在外選挙人名簿、選挙手続(期日や投票・開票など)、選挙争訟、選挙運動、罰則など広範囲に及ぶ。女性参政権をも含む普通選挙法は、憲法審議に先だち、1945年(昭和20)12月の衆議院議員選挙法の改正において実現され、本法に受け継がれた。選挙権を20歳以上の日本国民が(ただし地方公共団体の長・議員の選挙に関しては「三箇月以上」の居住要件が加わる)、被選挙権は、公職に応じて25歳あるいは30歳以上の日本国民が享有する旨、規定する。しかし、(1)禁錮以上の刑に処せられ、執行中の者、(2)収賄罪などで刑に処せられてから、5年未満の者、(3)選挙犯罪で禁錮以上の刑に処せられ、執行猶予中の者は、選挙権と被選挙権を有しない。また、憲法改正手続法(平成19年法律第51号)は、国民投票への参加資格(投票権)を18歳以上の日本国民が有する旨を定めるが、国政選挙などにも同年齢から加われるように検討することを、同法は促している。
 衆参両院議員の選挙区およびその定数は、本法の別表1~3が定めるが、人口変動に応じて更正されなかったために、1票の価値に著しい不均衡を生み出し、大きな憲法問題になった。また本法は、戸別訪問の禁止などについてはかたくなな態度を貫くが、永久選挙人名簿の採用、一部の選挙における記号式投票の容認、不在者投票制度の廃止と復活、期日前投票制度や在外投票制度の新設、連座制の強化、選挙の公営化、政党選挙化、投票時間の延長、インターネットを利用した選挙運動の解禁など試行錯誤を繰り返しながら改善に努め、電子投票の導入まで検討されるに至っている。なお、1982年には参議院議員選挙に拘束名簿式比例代表制を導入、1994年(平成6)には衆議院議員選挙を小選挙区比例代表並立制に改めたため、個人の選挙権行使に変化をもたらしている。[佐々木雄]
 2015年(平成27)6月に成立した「公職選挙法等の一部を改正する法律」(平成27年法律第43号)により、公職の選挙の選挙権を有する者の年齢について、満20年以上から満18年以上に改められた。改正法の施行は2016年6月19日。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の公職選挙法の言及

【選挙運動】より

…近年では候補者や政党のシンボル・マークを作成したり,候補者が街頭で握手戦術を行うなどカラフルで新しい選挙戦のスタイルが定着している。
[公職選挙法における選挙運動の規制]
 公職選挙法では選挙運動と政治活動は区別されている。選挙運動とは特定の選挙につき特定の候補者を当選させるために投票を得,または得させるために必要かつ有利な行為であると解釈されている。…

【選挙犯罪】より

…選挙の自由・公正を害するかまたは害するおそれがあるものとして公職選挙法によって刑罰の対象とされている行為。このような行為を行うことを選挙違反ともいう。…

※「公職選挙法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

公職選挙法の関連キーワード選挙運動費用収支報告書の提出徳洲会と一連の問題都道府県議会議員共通投票所制度ネット選挙法三木武夫内閣法定選挙費用選挙権制限期日前投票確認団体中選挙区通常選挙投票干渉事前運動選挙公報繰延投票詐偽投票百日裁判国政政党政見放送

公職選挙法の関連情報