コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期借地制度 テイキシャクチセイド

1件 の用語解説(定期借地制度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ていき‐しゃくちせいど【定期借地制度】

契約期間の満了により、更新されることなく土地の賃貸借関係が終了する契約制度。平成3年(1991)の借地借家法改正により、平成4年(1992)に導入された。定期借地権制度。→定期借家制度
[補説]通常の借地契約とは異なり、法定更新の適用がないため、契約期間終了後、土地は貸し主に確実に返還される。一方、借り主は、購入する場合より低い費用負担で土地を利用できる。定期借地権には、一般定期借地権事業用定期借地権建物譲渡特約付借地権の3種類があり、一般定期借地権建物譲渡特約付借地権は書面による契約の締結が必要。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

定期借地制度の関連情報