コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般定期借地権 イッパンテイキシャクチケン

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐ていきしゃくちけん【一般定期借地権】

借地借家法に基づく定期借地権の一つ。借地人は地主に対して、契約の更新や建物の買い取りを請求できない。借地権の存続期間は50年以上でなければならず、書面による契約が必要。契約期間満了後、借地人は土地を更地にして返還する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

不動産用語辞典の解説

一般定期借地権

「一般定期借地権」は、平成4年8月施行の新借地借家法によりできた定期借地権制度の一種です。
具体的には次にあげる契約内容が盛り込まれた定期借地権です。
1)契約の存続期間は50年以上とする
2)更新による期間の延長がない
3)存続期間中に建物が滅失し、再築されても、期間の延長がない
4)期間満了時に借地人が建物の買取を地主に請求することができない
契約期間満了後、借主は借地を更地にして貸主に返さないといけません。
一般的に契約は、口頭でも成立しますが、定期借地権に関しては、公正証書にて契約することを要件とします。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

一般定期借地権の関連キーワード定期借地権付き住宅スケルトン定借定期借地契約定期借地制度つくば方式

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android