コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期預貯金等付帯傷害保険

1件 の用語解説(定期預貯金等付帯傷害保険の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

定期預貯金等付帯傷害保険

定期預金、定期積金、信託または債券とセットされた交通事故傷害保険またはファミリー交通傷害保険を指します。貯蓄金等の利息から保険料相当額が自動的に引落とされます。保険金の種類には、死亡、後遺障害保険金入院保険金通院保険金があり、各保険金額は定期預貯金等の額によって定まる仕組となっています。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定期預貯金等付帯傷害保険の関連キーワード準通貨定期積金定期預金無記名定期預金貯蓄預金定期預金証書アセットアロケーションM1M2M3定期性預金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone