コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定期預貯金等付帯傷害保険

保険基礎用語集の解説

定期預貯金等付帯傷害保険

定期預金、定期積金信託または債券とセットされた交通事故傷害保険またはファミリー交通傷害保険を指します。貯蓄金等の利息から保険料相当額が自動的に引落とされます。保険金の種類には、死亡、後遺障害保険金入院保険金通院保険金があり、各保険金額は定期預貯金等の額によって定まる仕組となっています。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

定期預貯金等付帯傷害保険の関連キーワード定期預金

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android