コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定村直孝 さだむら なおたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

定村直孝 さだむら-なおたか

1791-1863 江戸時代後期の国学者。
寛政3年生まれ。豊前(ぶぜん)京都(みやこ)郡(福岡県)津積(つつみ)村の八幡神社神職。豊前中津藩(大分県)の渡辺重名(しげな),のち京都で賀茂季鷹,城戸千楯(ちたて)にまなび,和歌をよくした。門人に物集高世(もずめ-たかよ)がいる。文久3年2月3日死去。73歳。本姓は渡辺。号は厳之舎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

定村直孝の関連キーワード総合年表(アメリカ)フイヤン派立法議会グリュックスボー朝グリュクスボー朝中島名左衛門合衆国銀行コウォンタイシャン=ド=マルス事件新聞

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone