宝塚バウホール

宝塚用語辞典の解説

宝塚バウホール

宝塚大劇場に隣接して1978年に開場した客席数500の小劇場。バウ(BOW)は船のへさきを意味し、新しい時代のさきがけとなるようにとの願いが込められている。
30名程度の小編成で公演やコンサートなどを行なっており、この劇場から新たなスターやスタッフが出現している。

出典 宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」宝塚用語辞典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝塚バウホールの関連情報