コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝塚バウホール

2件 の用語解説(宝塚バウホールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

宝塚バウホール

兵庫県宝塚市にある劇場。1978年開館。座席数は約500席。「宝塚大劇場」に隣接し、おもに「宝塚歌劇団」の公演が行われる

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚用語辞典の解説

宝塚バウホール

宝塚大劇場に隣接して1978年に開場した客席数500の小劇場。バウ(BOW)は船のへさきを意味し、新しい時代のさきがけとなるようにとの願いが込められている。
30名程度の小編成で公演やコンサートなどを行なっており、この劇場から新たなスタースタッフが出現している。

出典|宝塚歌劇公式ホームページ「宝塚用語辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宝塚バウホールの関連キーワード宝塚大学東京宝塚劇場宝塚宝塚大劇場宝塚音楽学校宝塚歌劇団男子部兵庫県宝塚市栄町大階段銀橋新人公演

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝塚バウホールの関連情報