コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実施行為独立の原則

1件 の用語解説(実施行為独立の原則の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

実施行為独立の原則

実施行為独立の原則」とは、特許権の侵害行為の成否を判断するための基準となる原則を指す。これは、違法に特許権を利用した製品の製造、及び譲渡など、違法な特許実施に関して、関係した全ての個人、法人がその行為を特許権侵害とみなされる、というものである。但し、この「実施行為独立の原則」には、例外として、正当な特許権実施行為に基づく製品の譲渡の後はその後の製品に対する権利侵害を問えない、という特許権の消尽がある。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

実施行為独立の原則の関連キーワード専用実施権警告間接侵害独占的通常実施権特許権侵害罪特許権の消尽特許権の消滅特許権の存続期間特許権の譲渡非独占的通常実施権

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone