客星(読み)かくせい

精選版 日本国語大辞典「客星」の解説

かく‐せい【客星】

〘名〙 常には見えないで一時的に現われる彗星新星など。きゃくせい。きゃくしょう。⇔恒星
※続日本紀‐養老六年(722)七月壬申「有客星閣道辺。凡五日」
※中華若木詩抄(1520頃)中「天上を見れば、客星が天子の御座を犯すこと、甚急なり」

きゃく‐しょう ‥シャウ【客星】

太平記(14C後)二〇「或夜両陣のあはひに、客星(キャクシャウ)落て」

きゃく‐せい【客星】

〘名〙 =かくせい(客星)〔運歩色葉(1548)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android