コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣和書譜 せんなしょふXuān hé shū pǔ

世界大百科事典 第2版の解説

せんなしょふ【宣和書譜 Xuān hé shū pǔ】

中国,北宋末期の徽宗朝の内府所蔵書作品目録。20巻。《宣和画譜》と同時に編纂され,漢より北宋に至る書家を,歴代諸帝王書,篆(てん)書,正書行書草書,八分書,制詔誥命の7門に分け,各門の叙論,各書家の小伝および品等評論を付す。宋人の書が蔡京(さいけい),蔡卞(さいべん),米芾(べいふつ)で終わるところから,これら3人を編者とする説がある。豊富な書法の史料として,また作品流伝の跡をうかがううえで貴重な資料である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宣和書譜の言及

【徽宗】より

…生来,書画,古器物を愛好する徽宗は,全国より名器を開封に集め,鑑賞のベテランでもある蔡京や,書・画学の博士らと鑑識,整理のうえ,内府に蔵した。このころ勅撰せられた《宣和書譜》《宣和画譜》《重修宣和博古図》などが現存するが,これらは書画,古器物鑑賞の学問を集大成したものとして高く評価される。このほか徽宗の悪政の一つに数えられている花石綱(かせきこう)も,文化史の上からみれば,またちがった評価が下される余地があるようである。…

※「宣和書譜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宣和書譜の関連キーワード宣和書画譜

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android