コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室内空気汚染 しつないくうきおせん indoor air pollution

1件 の用語解説(室内空気汚染の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

室内空気汚染

室内の空気が大気汚染物質化学物質で汚染されること。人間は1日に約15立方メートルの空気を呼吸して生きている。現代人は1日の大半を住宅、学校、店舗、事務所、工場などの建物内で暮らしており、室内空気の汚染は人体に大きな影響を与える。汚染物質は、室外から入ってくるものと、室内で発生するものがある。室内では、暖房や調理により発生する一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)、炭化水素類(HC)、たばこの煙に含まれる発がん物質ベンゾピレンアクロレイン、建物や家具の塗料や接着剤に含まれるトルエンホルムアルデヒド、建材に使われたアスベスト、タンスの防虫剤や床下のシロアリ駆除剤から発生する有害ガスなどと多様。

(畑明郎 大阪市立大学大学院経営学研究科教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室内空気汚染の関連キーワード汚染物質化学物質汚染物空気汚染空気浄化希釈指数ベンゾ(a)ピレン尼崎大気汚染公害訴訟室内環境汚染化学物質VOC(揮発性有機化合物)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室内空気汚染の関連情報