コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室積徂春(読み)むろづみ そしゅん

美術人名辞典の解説

室積徂春

俳人。本名尚、芸名大木緑二、別号は平明居主人・碌々子・碌二道人。大津生、東京住。岡野知十・佐藤紅緑門人。紅緑と共に『とくさ』を経営、昭和二年から『ゆく春』を主宰する。編著に『ゆく春句集』『北斗』等がある。昭和31年(1956)歿、69才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

室積徂春 むろづみ-そしゅん

1886-1956 明治-昭和時代の俳人。
明治19年12月17日生まれ。岡野知十(ちじゅう)に師事。のち佐藤紅緑(こうろく)の門下となり「とくさ」を編集。昭和2年から「ゆく春」を主宰した。妻は俳人室積波那女(はなじょ)。昭和31年12月4日死去。69歳。滋賀県出身。早大中退。旧姓は増永。本名は尚(たかし)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android