コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野知十 おかの ちじゅう

3件 の用語解説(岡野知十の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡野知十

俳人。北海道生。本名は敬胤、別号を正味。明治28年毎日新聞に『俳諧風聞記』を掲げ、俳壇の注目を集めた。明治31年自ら雀会を興し、のち雑誌『反面』を創刊した。著書に『雨華抱一』『湯島法楽』等がある。昭和7年(1932)歿、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野知十 おかの-ちじゅう

1860-1932 明治-昭和時代前期の俳人。
安政7年2月19日生まれ。明治28年「大阪毎日新聞」に「俳諧(はいかい)風聞記」を発表して注目される。秋声会にはいったが脱会。34年「半面」を創刊し,新々派と称した。昭和7年8月13日死去。73歳。蝦夷(えぞ)地(北海道)出身。本名は敬胤。別号に正味。著作に「雨華抱一」,校訂に「也有全集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡野知十
おかのちじゅう
(1860―1932)

俳人。北海道日高に生まれる。本名敬胤。1895年(明治28)『毎日新聞』に『俳諧(はいかい)風聞記』を発表、当時の俳壇を新派の子規派をはじめ尾崎紅葉(こうよう)らの新派、また伝統旧派までを広く見渡しながら興趣深く語る。角田竹冷(つのだちくれい)の「秋声会」に加わったが1901年(明治34)『半面』を創刊、新々派と称し半面派を形成した。主情的唯美的な句風に特色がある。句集『鶯日』(1933)。[伊澤元美]
 うつくしき心こぼれて桜の実
『村山古郷著『明治俳壇史』(1978・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岡野知十の関連キーワード青木隆内田徳郎小山善四方竜文(7代)銭高善造竹本縫太夫野尻精一堀達山名義路渡辺修

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone