コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野知十 おかの ちじゅう

3件 の用語解説(岡野知十の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡野知十

俳人。北海道生。本名は敬胤、別号を正味。明治28年毎日新聞に『俳諧風聞記』を掲げ、俳壇の注目を集めた。明治31年自ら雀会を興し、のち雑誌『反面』を創刊した。著書に『雨華抱一』『湯島法楽』等がある。昭和7年(1932)歿、73才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野知十 おかの-ちじゅう

1860-1932 明治-昭和時代前期の俳人。
安政7年2月19日生まれ。明治28年「大阪毎日新聞」に「俳諧(はいかい)風聞記」を発表して注目される。秋声会にはいったが脱会。34年「半面」を創刊し,新々派と称した。昭和7年8月13日死去。73歳。蝦夷(えぞ)地(北海道)出身。本名は敬胤。別号に正味。著作に「雨華抱一」,校訂に「也有全集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡野知十
おかのちじゅう
(1860―1932)

俳人。北海道日高に生まれる。本名敬胤。1895年(明治28)『毎日新聞』に『俳諧(はいかい)風聞記』を発表、当時の俳壇を新派の子規派をはじめ尾崎紅葉(こうよう)らの新派、また伝統旧派までを広く見渡しながら興趣深く語る。角田竹冷(つのだちくれい)の「秋声会」に加わったが1901年(明治34)『半面』を創刊、新々派と称し半面派を形成した。主情的唯美的な句風に特色がある。句集『鶯日』(1933)。[伊澤元美]
 うつくしき心こぼれて桜の実
『村山古郷著『明治俳壇史』(1978・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone